iPhone修理の依頼先はバックアップ状況により変わってしまう

iPhoneの設計思想に合った使い方なら正規店へ

iPhoneは、外部記憶メディアとしてmicroSDに対応していないことが知られています。日本では外部記憶メディアを搭載しないことが不思議に思われがちですが、iPhoneの設計思想を知っている人ならば当然と考えているでしょう。なぜなら、iPhoneは自宅のパソコン機能の一部を手軽に外でも使えるようにするために開発されているので、常にパソコンと同期しながら使うよう設計されているからです。iPhoneの修理を正規店に依頼すると、データは全て初期化されて製品テストを受けてから戻ってきます。バックアップは全て自宅のパソコンに取得してあるはずだからです。iPhoneはバソコンと同期せずに使うように作られていないことを知っておくと良いでしょう。

iPhone単独で利用しているなら非正規店で修理

パソコンを持たずにiPhone単独で利用してしまっている場合には、バックアップ先としてクラウドサービスしか道が残されていません。通信契約容量から判断すると、内蔵ストレージ容量を全てバックアップすることは難しいので、iPhoneの修理時は非正規店での修理に頼ることになるでしょう。内蔵ストレージに保存されているデータを初期化せずに修理を行なったとしても、電圧の変化によるデータ消失が起こる可能性があるので、最小限のバックアップはクラウド上に必要です。大事なデータを保有した状態でiPhoneを使い続けたいならば、バソコンの購入を真剣に検討した方が、iPhoneの設計思想に合った使い方となるでしょう。

スマートフォンは、精密機械なので落下による衝撃や水没などに弱く、落下によって画面が割れたり水に濡れることによって故障してしまう事もあります。そのため、iPhone修理は修理専門の業者に依頼しましょう。

iPhoneのバッテリーで調べる
iphone5sを修理が見つかる