ホームページを一から作るにはどうすればいい?

超基本HTMLを覚えよう

HTMLとは、Hyper Text Markup Languageの略で、ホームページを作るための最も基本的なマークアップ言語のひとつです。その役割は文章構造を定義することで、開始タグと終了タグによって書いていきます。具体的には、<h1>見出しです</h1>、<p>本文です</p>のようなかたちで見出しや段落を定義していく作業になります。また画像やビデオなども埋め込むことができます。タグにはいろいろな種類があるので、まずはそれを覚えましょう。

HTMLをマスターしたら次はCSSを覚えよう

CSSは、Cascading Style Sheetsの頭文字をとったもので、ホームページのスタイルを定義し見栄えを整える役割を担っている言語です。どこの、なにを、どのようにしたいのかによってCSSを書いていきます。それぞれセレクタ(どこの)、プロパティ(なにを)、値(どのように)と呼ばれています。具体的には、見出しの(どこの)文字の色を(なにを)黄色にしたい(どのように)、というふうにスタイルを決めていくということです。CSSを覚えれば自分の好きなようにホームページを装飾していくことができますよ。

ホームページに動きをだしたいときには

もっとリッチなホームページを作りたいならば、JavaScriptというプログラミング言語を覚えましょう。JavaScriptを使うことによって、ボタンをクリックしたときに何か動きを起こしたり、また、ある要素をマウスオーバーした際に隠れていたメニューが表示されるなど、よりリッチなホームページを作ることができます。一段上のホームページを作りたい方はぜひ学習してみては。

ホームページ制作をするなら、やっぱり自分好みでおしゃれに仕上げたいもの。デザインや配置を考えて楽しく制作をしよう!

公式サイト
ホームページ制作の実績を調査