実施するメリットが多い新入社員のための研修

社会人のマナーが身に付く

新入社員が入社した際、いきなり実践の中で仕事をしてもらう考え方と研修を実施する考え方があります。働く中で覚えられることこそ仕事で役立つため、いきなり実践の中で仕事をしてもらう考え方は正しいと言えます。

既に社会人経験のある新入社員であればこのような考え方でも問題はありませんが、学校を卒業して就職した場合の新入社員は社会人経験がないのでマナーが身に付いていません。そのため、就職という形で採用した新入社員については、いきなり実践で仕事をするよりはまずは研修から始めるべきです。

社会人としてのマナーは自社だけではなく、取引先に対応する際に求められるものです。ですから、新入社員にはまず研修に参加してもらう考え方をお勧めします。

基本的な知識を習得可能

新入社員向けの研修を実施するメリットは、社会人としてのマナーだけではなく、業務の基本的な知識も習得できるメリットがあります。業務の基本的な知識は実際に仕事をする中で覚えられますが、仕事をする前に知っていた方がスムーズに覚えられます。

また、研修で基本的な知識の勉強を実施していると、現場で新入社員を指導する担当者の負担が減ります。基本から全てのことを指導するのは負担が大きいです。指導にプラスして自身の仕事もあるため、忙しい時間を過ごすことになります。

そこで、研修の際に仕事で必要となる基本的な知識を習得していれば、新入社員の指導担当者は応用の部分から教えられます。ですから、研修は新入社員だけではなく、指導を行う社員にとってもメリットがあります。

社員研修の意義を知るために、同業他社の企業の取り組みを参考にすることはもちろん、若手のスタッフから好まれる研修の内容を導入することが効果的です。

接客教育にアクセス