過去の犯罪歴のせいでプライバシーがネットに拡散されている場合の対処

ニュース記事を掲載しているサイトに削除依頼を行う

犯罪の加害者になり、逮捕されるとインターネットのニュースなどで本名が出てしまいます。それ自体は仕方がないことですが、問題は、実はえん罪で不起訴になった場合、あるいは裁判で執行猶予がついたり、罪を償って刑務所から出てきてもネットに犯罪加害者として名前が残ってしまうことです。ネットのニュースは報道機関だけではなく、個人が噂話などを使って加害者のプライバシーを面白おかしく書いたものもあるので、そういったニュースが残ってしまうと人生の再出発がしづらくなってしまいます。

では、過去のニュースを削除することは可能なのでしょうか。もちろん、ニュースを掲載しているサイトの運営者に削除依頼をすることはできます。ただ、その依頼に従うかどうかは運営者次第です。

養子になったり結婚することで名字を変える方法も

では、自分の名前やプライバシーが記載されたニュースが削除されない場合は、どういった対処が可能でしょうか。まず、プライバシーの侵害などを理由に裁判を起こす方法があります。メールなどの削除依頼には応じない運営者てあっても、訴えられた場合は依頼に応じるというケースがあるからです。

それでも削除されない場合は、改名を裁判所に申請する方法があります。ネットに書かれた記事のせいで正常な生活が送れなくなったので名前を変えたいといった理由で申請するわけです。ただ裁判所を通じての改名は必ずしも認められるわけではありませんので、養子縁組を行い、支援者などの養子になって名字を変える、結婚して名字を変更するというのも一つの方法です。

個人情報について、近年取り扱いが厳しくなっている。しかし、シュレッダーを活用することによって、多額の費用をかけることなく廃棄することができる。

シュレッダーの業務用を調査
シュレッダーのレンタルの更新情報