こんな言葉も誹謗中傷に?ネットで気をつけるべきこと

口は災いのもと~SNSでは慎重な発言を!

SNSや掲示板などでは自分の意見を気軽に発信できます。しかし、その言葉は何万といるネットユーザーの衆目にさらされる危険性をはらんでいます。例えば特定の個人を、特定の場所で、特定の時間に「~」などと過激な発言すればそれは犯罪予告となり、捕まってしまいます。他にも未成年飲酒や、未成年喫煙、飲酒運転などの倫理的に間違った行動をした!などと発言すればそれはたちまち晒し上げられ、あなたの学校や、勤め先にまで連絡がいく可能性だってあります。ですからSNSや掲示板で発言するときはあなたの言葉が何万もの人に見られているということを常に意識しましょう。あなたの言葉があなたの人生を狂わせてしまうことだってあるんです。

何を気をつければいい?~炎上しないためには

下手な発言をしてそれが悪意のあるネットユーザーの目に止まればあなたの個人情報を調べ上げられ、晒し上げを受ける危険性があることは周知の事実です。これはよく「炎上」という言葉で表現されます。「炎上」してしまう人には共通した傾向があるんですね。1、注目を集めようとして倫理的に間違ったことを行い、自慢してしまう。2、ツイッターやフェイスブックなどのアカウントを誰もが見られる状態にしている3、勢いで発言してしまうこれらの要素が揃っている人が「炎上しやすい人」です。もちろん倫理的に間違ったことでなくても、ちょっとした自己主張が生意気だと受け取られ、炎上するケースもありますから、アカウントは気のしれたフォロワーだけに公開するように設定をし、注目を集めるために目立とうとしないこと。そして酒に酔った勢いでSNSをやらないことです。この3つの傾向と対策を意識して楽しいネット生活を送りましょうね。

逆SEOとはネットにおいて、検索時に上位に表示される企業等の悪い評判を表示させなくしたり、ランクを下位に下げるようにすることを指します。